ホーム > 学習院公式ブログ

本日午後2時から4時にかけてオマーン国立公文庁長官を初めとするオマーン国立公文書館視察団が来院されました。

■西5号館1階玄関にて来院記念写真
DSC03886.JPG

オマーン国についてはこちらをご覧下さい。

これは、オマーンの国立公文書館新規設立に関する調査の一環として、視察団を日本へ派遣し、日本の関連施設から学びたいとして、外務省中東アフリカ局より本院大学に照会があり、実施されたものです。本院大学大学院アーカイブズ学専攻における教育・研究や本院のアーカイブズ資料等を視察されました。

オマーン国駐日大使、同国立公文庁長官を初めとする一行6名に対し、波多野院長の歓迎挨拶、高埜文学部長兼人文科学研究科委員長の挨拶に始まり、アーカイブズ学専攻主任の安藤正人教授による「日本におけるアーキビスト養成」、同専攻の保坂裕興教授による「本学アーカイブズ学専攻における教育・研究」の概要説明が映像を使用して行われ、一行は熱心に聞き入っていました。その後専門家の見地から様々な意見交換が行なわれました。

■院長室での懇談の様子 その1
DSC03844.JPG

■院長室での懇談の様子 その2
DSC03847.JPG

■西5号館6階会議室にて保坂教授による「本学アーカイブズ学専攻における教育・研究」の概要説明の様子
DSC03854.JPG

最後に、本院院史資料室のアーカイブズ資料や学生自習室の学習・研究風景等を見学・視察され、学習院の歴史と史資料の説明や学生でほぼ満員の西2号館の学生自習室の設備にも興味が尽きない様子でした。

■西5号館地下1階院史資料室にてアーカイブズ資料を閲覧している様子
DSC03871.JPG

■西2号館1階学生自習室の視察
DSC03881.JPG

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/178

ページの先頭へ