ホーム > 学習院公式ブログ

12月22日(水)、
大学国際社会科学部の
「海外研修(Study Abroad)Ⅱ」
(担当:入江 恵 教授 野崎 與志子 教授)を取材しました。

この授業は、海外研修に行った学生が、
成果や研修プログラムを振り返り評価することで、
その経験を今後の学習やキャリアに結び付けていく目的で行われており、
海外研修に行く前に行われる「海外研修Ⅰ」と結びついています。

170107_001.jpg
(写真)野崎教授

今年最後の授業では、
「(株)やまとごころ」代表の村山慶輔さんをお呼びしました。

170107_002.jpg
(写真)村山慶輔さん

村山さんは、アメリカの大学を卒業後、
インドで半年間のインターンシップ、コンサルティング会社勤務後、
インバウンドビジネスプラットフォーム「やまとごころ」を立ちあげました。

授業では、「留学経験とインバウンドビジネス」と題して、
村山さん自身の留学経験と今やられていることにどのような繋がりがあるのか、
また今後のキャリアパスや、大学生活の残り3年間をどう過ごすかの
参考となるようなお話をしていただきました。

インバウンドビジネスとは訪日外国人向けビジネスのことを言います。
訪日外国人に興味を持ってもらえるようなコンテンツを提供するために
外国人の方はどう日本をみているのか、
あるいは日本と外国人の感覚・認識をつなぐための視点や、
仕掛けるイベントについて、
実例を挙げながら説明をしていただきました。

170107_003.jpg

また、ご自身の留学に至る過程、留学中、
インドでのインターンシップや会社員時代のエピソードを通じて、
日本と世界を繋ぐビジネスという発想を具体化していったことを
お話いただきました。

170107_004.jpg

質疑応答では、
語学や留学、ビジネスについて多様な質問が出ました。

170107_005.jpg

質疑の中では、国際社会科学部の
「国際人という言葉もまもなく死語になる。その時あなたは。」という
キャッチフレーズに絡めて、
「英語が喋れるからといって、
あなたが他よりもすごいというわけではない。
英語が誰でも話せる時代が来るだろうし、
そうであれば自分の意見を持つこと、
自分の考えを発信することが大事。
自分の考えに根拠を持つ必要がある。」
とアドバイスしていただきました。

成長産業としてのインバウンドビジネスについて
熱をもってお話いただきました。

授業の後に学生に感想を聞きました。

170107_006.JPG

170107_007.JPG

「村山さんの話を聞いて、もっと留学したいなと思いましたし、
日本のことを知って英語で話せるようになることが
国際化のスタートラインなのかなと思いました。」
「国際社会科学部、外国の方と話すことに壁を感じていましたが、
そういった壁が取り払われていっていると感じます。」

170107_008.JPG

「来年、協定留学でニュージーランドに
1年間留学することになっているのですが、
そこで、日本の文化を好きな人たちに、
自分から伝えることを実行したいなと思いました。」
「発音や文法など、間違っているのではないかということで
英語を話すこと自体が恥ずかしかったのですが、
この学部では、恥ずかしがって黙っていても、
みんなが自分の意見を聞いてきます。
たくさん場数を踏むことで、問われていることに対して
自分の意見を考えて話せるようになってきています。」

国際社会科学部では日々、
新しい手法で刺激的な授業を行っています。

※「やまとごころ」ホームページはこちら
※国際社会科学部ホームページはこちら

12月14日(水)、
国際交流センターで書道体験教室が行われました。

この教室は、霞会館教育助成金による助成のもと、
本学書道部員有志ボランティアの協力を得て行っている、
留学生向け伝統文化体験活動のひとつです。

今年は外国人留学生20名と、
来年から協定校へ派遣が決まっている日本人学生の計25名が参加しました。

国際交流センターのFacebookでは、
当日の様子が詳しく紹介されています。

170117_001.jpg
170117_002.jpg
(写真)書道体験教室の様子

学習院大学国際交流センターのFacebookはこちらから

学生の皆さんが書道体験教室で書いた作品は、
現在、国際交流センター前に掲示されています。
ぜひご覧ください!

170117_003.jpg
(写真)国際交流センター前

学習院大学の国際交流・留学に関するページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

今年も1月8日(日)9日(月・祝)に、学習院大学名物の面接対策セミナー、
通称「メンタイ」が開催されました。

今年で27回目の開催となった面接対策セミナーは、
参加学生数:約1,200名、
講師(社会で活躍する卒業生):319名、
サポーター(内定を得た4年生):184名、
によって行われました。

170116_001.jpg
(写真)オリエンテーションに向かう学生達

面接対策セミナーは就職活動のノウハウを得るだけではなく、
「社会に出ること」、「働くこと」について実践を通して学ぶ場です。
1日目は、オリエンテーション後各班に分かれ、グループディスカッションや、
模擬面接、サポーターによる就活体験談など、盛りだくさんのプログラムが行われました。

170116_002.jpg
(写真)模擬面接の様子

2日目は、模擬面接、交流戦(班をシャッフルしてのグループ面接)、
全体総括では壇上面接が行われ、2日間を通して、講師・学生サポーターと
学生との間に強い「絆」が生まれました。

170116_003.jpg
(写真)全体総括の様子。応援団によるエール。

2018年卒の就職活動は、まもなく本格的に始動します。
学生の皆さんは、面接対策セミナーで学んだことを活かして頑張ってください。
困ったときはキャリアセンターまで!

学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」は、
学生たちが考案した学食のランチメニューを食べることで、
発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするという取り組みです。

※詳しい内容は、学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

1月12日(木)からのメニューはこちらです!

170110_001.jpg
(写真)ベトナム料理フォー&ガパオライス 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
フォーは、旨みの効いた鶏のスープと平打ちの麺が絡み、おいしいです。
ガパオライスには、大豆ミートという低カロリーな食材を使用しています。
温泉卵との絡みがたまりません!

体調を崩しやすいこの時期、
しっかり食べて、風邪を予防しましょう!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

毎年、学習院目白キャンパス周辺を会場に行われている、
「第20回目白ロードレース」参加エントリーの受付が始まりました!

170111_001.jpg
(写真)昨年の様子①目白通り

豊島区立千登世橋中学校グラウンドをスタート地点に、
学習院南門から入構し、馬場横にある心臓破りの坂を登って、
構内→正門→目白通り→西門→椿坂→南門→千登世橋中グラウンドに戻る周回コースで、
年齢ごとに1kmから5kmで争われます。

170111_002.jpg
(写真)昨年の様子②馬場横の坂

【開催日時】2017年3月5日(日)午前8時~12時
【参加資格】豊島区在住・在勤・通学および近隣ランニング愛好家
※障がい者の方も年齢に応じた種目へのエントリーが可能です。
【定員】1000名(先着順)※傷害保険は大会実行委員会にて加入します
【参加費】小・中学生 1,500円、親子レース 1組1,500円、高校生以上 3,000円

【申し込み方法】
①ゆうちょ銀行または郵便局でのお申し込み
第20回目白ロードレースのチラシについている「払込取扱票」に必要事項を記入し、
参加費を添えてゆうちょ銀行または郵便局にてお申し込みください。
→応募締切:2017年1月20日(金)消印有効
※チラシは目白キャンパス西門付近の看板や、
西5号館6階の広報課などに設置されています。

②インターネットからのお申し込み
ランニングポータルサイトRUNTES( http://runnet.jp/ )からお申し込みください。
※「第20回目白ロードレース」エントリーページはこちらから
応募締切:2016年1月27日(金)
※但し、定員になり次第締め切ります。
※大会当日の受付はいたしません。

170111_003.jpg
(写真)昨年の様子③正門前

当日はゲストランナーとして、
旭化成陸上部の選手2名が参加する予定です。

また、今回は第20回の記念大会につき、
中学生の部への参加者を対象とした「団体戦」を実施します。

<中学生団体戦のエントリーについて>
【参加資格】中学生の部にエントリーした方。3~5名で1チーム。
※男女混合チームは男子の部となります。
【申し込み方法】
RUNNETより大会パンフレットをダウンロードし、
「団体戦申込書」に必要事項を記入の上、お申し込みください。
詳しくはこちらから

170111_004.jpg
(写真)昨年の様子④表彰式

目白ロードレースは地元の企業や団体の協力のもと、
街の活性化と地域の人々との交流を目的に、1998年から毎年実施されています。

学習院は社会・地域連携の取り組みの一環として第1回から後援しています。

目白キャンパス周辺は自然にあふれ、
起伏に富んだ走り甲斐のあるコースです。
地域の皆さん、市民ランナーの皆さんもぜひご参加ください!

【お問い合わせ】
目白ロードレース実行委員会事務局〔株式会社デサント 東京人事・総務課内〕
TEL:03-5979-6070

ページの先頭へ